ファルコン伝説の公式記録について その2

ここに名前があるのは多い順に
AST
TRS
BAH
444
OTA
Y.K
JKT
JIN
MAX
の全部で9名、改造記録とガチ記録を混ぜての
申請は無いと仮定します。

次に、何を持って記録の信憑性を測るか
これは全てのシリーズに共通して言える事ですが
自分の中では高い方から順に
動画
画像(各ラップの詳細までわかるもの)
画像(コースタイムのみ)
各ラップの詳細
その他(それなりに知名度が有る人の記録)
となっています。

これを当てはめてみた場合
動画、画像は残念ながら有りませんでしたが
各ラップの詳細がわかっているのが
AST 444 OTA Y.K の4名
ラップタイムの検証は実際にやった人にしか
わからないのですが、少なくとも自分の見た限りでは
ラップタイム、マシン共に不審な点は見当たりませんでした
よってこの4名を除外します、これで残り5名になりました。

ファルコン伝説の公式記録について

ファルコン伝説の公式記録には残念ながら
不正を行った疑いのある記録が幾つか存在します。

forGBAはロンチだったので
改造コードが発見される前に終了したのですが
ファルコン伝説では改造コードを使用しての
記録申請が行われました。
当然、明らかに不正だとわかるような記録は
削除されていきましたが、改造コードを使用しておきながら
実際にありえそうな(ナイトサンダー等を使用した場合に限り)
タイムが最終的に残ってしまいました。

GXではリプレイ提出と言う証拠の立証を行いましたが
ファルコン伝説はタイムに応じて出たパスワードを
送信するだけでした(GXも当初はこの方法でした)
この方法ではタイムを出すまでの過程が無視されるので
コードを使用したとしても、それを確認することは出来ません。

今日は免許の更新に行ってきました

ちょーめんどかった。

今週は全くF-ZEROをやらなかった(できなかった)ので
動画の更新はありません。

じゃあ海外の方が有利なのか

北米版
有利な点
ナイトサンダーが通常入手可能(GPL)
不利な点
NTSCである
SFC版でポーズを押すとタイムに誤差が生じる
GXで20秒以内に完走すると起こるバグ
GPLのゼロテストB2の判定が不利
CLIMAX、64DD、サテラビュー版が国内で入手不可能

欧州版
有利な点
PALである
SFC版でポーズを押してもタイムに誤差が生じない
ナイトサンダーが通常入手可能(GPL)
GXは50、60hz両方できる、リプレイからは判別不可能
不利な点
GXで20秒以内に完走すると起こるバグ
GPLのゼロテストB2の判定が不利
CLIMAX、64DD、サテラビュー版が国内で入手不可能

欧州が酷い、それに比べて北米(ノ∀`)
これに日本を加えてタイムアタック環境のランク付けをすると
欧州>>日本>北米
PALってだけで欧州はかなり得していると思います
PALとNTSCの記録を同列に扱うかどうかは別問題ですが。

果たして日本は有利か不利か

有利な点
CLIMAX、64DD、サテラビュー版が国内で入手可能
カードe+で追加コースが入手可能(GPL)
GPLのゼロテストB2の判定が有利
GXで20秒以内に完走しても大丈夫
不利な点
NTSCである
SFC版でポーズを押すとタイムに誤差が生じる
カードe+を連動させないとナイトサンダーが使用不可

※GXの限定パーツはほとんどの人が改造コードで
入手しているため除外しました。

最速マシンのナイトサンダーが通常入手不可なのは
かなりの痛手です、20秒以内の完走やゼロテストのように
一部のコースではなく、そのシリーズの全てのコースに
影響を与えるのでかなり厳しいです。
それでも各シリーズの拡張ツールが国内で入手可能なので
普通に楽しむ分には最高だと思います。

今週の動画








1位を目指すのであれば20個ぐらいは取りたいところ。
プロフィール

Author:たろー
勝手にやれば
プロフィール

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
リンク